TOP > サポで1万円で会ったギャル

サポで1万円で会った20代前半のギャル

最近の若い女って援交とタカリをごっちゃにして考えているみたいすね。

この間、ハピメを使って「サポ1万円」の援交女子と出会ったんすが、この女がとんでもないくわせもんでした。

女の年齢は20代前半の21才。

特別な美人ってわけじゃないけど、唇がポテッとしたエロ顔で、身体は申し分ありません。

会った瞬間は「ラッキー!」と思ってチンコが小躍りを始めちゃったくらいです(笑)。

サポ

でもね、この女、性格が図々しいんです。

「あー。お腹へったー。なんか美味しい物、ご馳走してー」

おれ的にはさっさとホテルに入って先にマンコを味わいたかったんすが、女がいろいろおねだりしてくるわけです。

おれもいい年したおっさんですから、小娘におねだりされたらむげに断るわけにもいきません。

それにまあ、腹を減らした女とオマンコしても面白くありませんからね。

なので、まず女に寿司を振る舞いました。

この段階で「サポ1万」に加え、1万5千円も余計に金がかかりました。

援交女子

しかも女のおねだりは寿司だけでは終わりません。

次はカクテル飲みたいだの、カラオケ行きたいだの、気になる洋服屋があるだのといって、おれを連れ回しました。

そこまでされるといい加減にこの女がおれに「タカろうとしているだけだ」ってことがわかってきました。

きっとこの年代の女って女子高生のころから出会い系を利用し、オヤジにタカりまくってきたんでしょうね。

で、そうして出会ったオヤジもオヤジで、自分に引け目があるもんだから、彼女たちを増長させてきたんだと思います。

しかし、おれはそこらへんの甘っちょろいオヤジとは違います!

筋金入り変態オヤジです(笑)。

使った金は身体で返してもらうしかありません。

おれはおねだりをきっぱり断って、女をホテルに連れ込みました。

マンコ

いい忘れましたがおれは援交女子と会うときは、なにが起こるかわからないので必ずバッグに秘蔵のアダルトグッズを忍ばせてるんです。

「ちょっと軽めのSMごっこやってみない?」

おれはいかにも気楽な感じでいって女を油断させ、まずは後ろ手に手錠をかけてやりました。それから女のパンスト使って足を縛り、アイマスクで視界をふさいじゃいました。

それからはもう怒涛のバイブ攻撃です。ついでに持参したアナルプラグも使っちゃいました。

「いやああ! だめええ!」

さすがにムチは持っていなかったので、代わりにスリッパを使ってビシビシ女の尻を叩きまくってやりました。

そしたら女の白い尻がみるみるピンク色に火照ってきて、それをみたおれはますます燃えてきちゃって、女に淫語を強要しました。

「ああ、お願いです! マンコが疼いてしかたありません! 早くわたしのマンコにでっかいチンコをいれてください! わたしのマンコをぐちゅぐちゅにしてください!」

結局女は狂乱状態になって何度も何度もいっちゃいました。

あとからきいてみると、この女はかなりのM女体質で、こういうSMプレイが大好きだったんですって。

ってことは、全然「お仕置き」にはなってなかったってことっすね(笑)。

最近の若い女は手強いです。

管理人が使ってるプチ援の多い掲示板一覧です

プチ援で出会った女子一覧

プチ援